会社コラム

不動産の価格について

不動産の価格について

こんにちは!

ハウスドゥ!鴨宮店の杉山です。

すっかり肌寒くなってきて、毎日の服装にちょっと困っています汗

さて、最近不動産の価格というものについて聞かれることがあり、混同してはならない物があるということをお話する機会があったので、今回はそんなことをお伝えしようかと思います。

不動産の価格は、その価格を出す主体によって大きく分けて2つあることはご存じでしょうか?

価格の種類といってしまうとちょっと複雑になってしまうため、ここではハッキリと”査定価格”と”鑑定評価額”という価格の違いをお伝えします。

”査定価格”は町の不動産屋でも誰でも出せるもの

”鑑定評価額”は不動産鑑定士しか出せないもの

という認識をしっかり持っていただければOKです!

 

不動産を売ることになったので価格を知りたい、となった際、皆さんは誰に価格を聞くでしょうか?きっとほとんどの方が、町の不動産屋さんに聞こうとするのかなと思います。

町の不動産屋さん(売買仲介業)がいくらくらいで売れるだろうという観点から出してくるのは、不動産の”査定価格”になり、この査定価格を出すのには特別な資格はありません。

もう一つの価格”鑑定評価額”というものですが、こちらは不動産鑑定士(不動産鑑定業)という国家資格を持った人でなければ出すことが出来ず、裁判の資料や用地補償のための金額の算定など、公的なものとして認められる価額になっています。

査定価格の大元は、鑑定評価によって算出されたものになっていたりはするのですが(それでも、卵が先か鶏が先か的なお話も・・)、この辺りは少し複雑なお話になってくるので興味のある方はお問合せ下さい(;^_^A

さすがにないと思いますが、ただの不動産業者が査定額をまるで鑑定評価額のように表現していたりしないか、ということはちょっと注意しないといけない部分なのかなと思います。

当店は不動産鑑定士の先生とも提携しており、必要な場合はそちらのご案内もさせていただいております。鑑定評価までは必要がない場合は、無料査定を実施しておりますのでご利用ください(^▽^)/

どんなことでもまずはお気軽にお問合せを!

 

 

 

監修者情報

監修者情報

株式会社MINAMI
 代表取締役 杉山公誉 

地元小田原で30年以上大家業を営む家系に生まれる。幼いころから不動産取引が身近なものであり、相続人としての相続も経験。学生時代から物件の管理運用に関わり、その後県内の不動産鑑定業者にて不動産鑑定士の下で鑑定補助者として勤務。
不動産について相続や売買・鑑定といった、異なった立場からの自らの経験を通じて、自分と同じように悩み不安を抱える人々の手助けがしたいという思いから、相談者目線に立つことの出来る不動産業者として活動中。
スタッフ紹介はこちら