Q&A

【Q&A】不動産売却でよくあるご質問にお答えします

【Q&A】不動産売却でよくあるご質問にお答えします

「ハウスドゥ! 鴨宮店」が不動産売却でよくあるご質問にお答えいたします。不動産売却の費用・査定・契約・手続きなどについて、わかりやすく回答してまいります。小田原市(鴨宮)で地域密着の不動産売却なら、きめ細やかな対応とアットホームな雰囲気が魅力の当社までご相談ください。

【Q&Aで回答】
不動産売却に関する疑問やお悩み

費用について
Qまずはどれぐらいの金額になるのか査定をしてみたいのですが費用はかかりますか?
A当社では無料で査定を行っておりますので、いきなり費用等がかかるといったことはありません。ある程度の相場を把握されたうえで、改めて売却をご検討いただければと思います。また、その他ご要望、ご相談に関しましても承っておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。
Q不動産売却ではどんな費用がかかりますか?
A不動産売却では、不動産会社への成功報酬である仲介手数料や、売買契約書に貼付する印紙の購入費用などの諸費用がかかります。ほかにも、住宅ローンを利用している場合には抵当権抹消登記の費用、売却で利益が出た場合には譲渡所得税が発生する可能性がございます。具体的な費用については、スタッフまでお問い合わせください。
Q売却を中止した場合、不動産会社に費用を払う必要はありますか?
Aいいえ、売却を中止した場合に費用をお支払いいただくことはございません。仲介手数料はあくまで成功報酬であるため、お取引が成立した場合のみお支払いいただきます。また、売却活動の広告費は、一般的にお客様にご負担いただくことはございません。
査定について
Q査定額はどのように決まるのでしょうか?
A不動産の査定額は、築年数・広さ・エリアなど不動産の条件や、直近の市場動向、周辺エリアの取引事例などを参考に算出いたします。査定額は高すぎず安すぎず、適正価格を提示する不動産会社をお選びいただくようおすすめします。
Q住み続けながら売却した場合、どのような状況になるのでしょうか?
Aこれはリースバックという売却方法となり、買主様に売却後、住み続けた場合際の賃料を買主様にお支払いしていただくといった方法になります。売却したことが周辺の方にばれにくく、お子様がいらっしゃる場合は学区等の移動が発生しないなどのメリットがあります。半面、通常の売却価格よりも低額で売らなければならなかったりと、ケースバイケースでデメリットも発生致しますので、お客様のご要望にそってご提案しております。
Q提示された査定額で売り出さなくてもよいですか?
Aはい、売り出し価格はお客様に決めていただけます。査定額は、不動産のプロが客観的な評価に基づいて算出した金額です。適正価格を超える高額な値付けをすると、買い手がつかず売れ残るリスクがあるため、まずは専門家へご相談ください。
売却について
Q自宅に住み続けながら売却できますか?
Aはい、可能です。不動産売却では、多くのお客様が自宅に住み続けながら売却活動を行っています。ライフプランに合わせてご要望がございましたら、お気軽にご相談ください。
Q引っ越しのタイミングまでに売却する方法はありますか?
A期限までに確実に売却する方法として、不動産会社が買主となる「不動産買取」という方法がございます。お客様の状況に合わせて、適切な売却方法をご提案できますので、当社までご相談いただけますと幸いです。
買主様の見学について
Q内覧希望の方はいつ見学に来るのでしょうか?
A内覧希望の方は、事前に約束した日時にいらっしゃいます。予約なしで突然に見学に来られる心配はございませんので、どうぞご安心ください。その際は、お部屋に良い印象を持っていただくために、掃除などの事前準備にご協力をお願い申し上げます。
手続きについて
Q不動産売却ではどんな手続きを行いますか?
A不動産売却では、不動産会社のサポートのもとで、売主様と買主様に売買契約を締結していただきます。必要書類を取り揃えたり、本人確認を行ったり、書類に必要事項をご記入いただいたりする手続きを行います。
契約について
Q媒介契約の種類はどのように選べばよいですか?
A

不動産会社と締結する媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類がございます。契約方法により、同時に契約できる不動産会社の数や、売却活動の条件などが異なるため、お客様のご要望をもっとも実現しやすい方法をお選びください。媒介契約について、詳しくは下記のページでも解説しています。

高く売りたい ー仲介売却ー

買い換えについて
Q売却と購入はどちらを先に行うべきですか?
A売却を先行させると、余裕をもって資金計画を立てやすくなりますが、退去時に仮住まいが必要となります。一方で、購入を先行させると新居へ直接に引っ越しできますが、金銭面での負担が大きくなりやすいといえます。どちらにもメリットとデメリットがあるため、お客様の資金計画やスケジュールに合わせて、最適な提案をさせていただきます。
空き家について
Q相続した家に住む予定がない場合、どうすればよいですか?
A空き家の活用方法として、賃貸物件として貸し出す方法や、地域のために提供する方法などが挙げられます。あるいは、売却して手放すのもひとつの手です。相続した空き家でお悩みの方は、お早めに当社までご相談ください。不動産のプロとして、お客様の目線に立ったアドバイスをさせていただきます。
Q空き家をそのまま放置してはいけませんか?
A空き家を放置すると、老朽化にともない近隣地域へ被害をもたらすおそれがあります。万が一、老朽化した建物が近隣地域へ被害を与えた場合には、所有者が管理責任を問われるおそれもあるため、適切な管理を行うようおすすめします。必要に応じて管理サービスを活用しながら、空き家を安全な状態に保ちましょう。