高く売りたい ー仲介売却ー

  • TOP
  • 高く売りたい ー仲介売却ー

高く売るなら「仲介売却」がおすすめ」

不動産売却には「仲介売却」と「不動産買取」といった2種類の方法があります。本ページでは、当業界において一般的な仲介売却の基礎知識について、神奈川県小田原市・鴨宮の不動産会社である「ハウスドゥ! 鴨宮店」がご紹介します。

こんな不動産のお悩みありませんか?

こんな不動産のお悩みありませんか?

  • 子どもが大きくなって家が手狭に……
  • 転勤が決まったので持ち家を処分したい
  • 他県にある不動産の管理ができない、処分したい
  • 交通の便に優れるエリアへ引っ越したい
  • 住宅ローンの支払いが困難になった
  • 離婚をきっかけに自宅を処分したい

不動産売却を検討するきっかけは、人それぞれです。「時間がかかってもよいので高く売りたい」という方には、売却方法のひとつである「仲介売却」をおすすめします。

仲介売却って?

仲介売却って?

仲介売却とは、売主様と買主様の間に不動産会社が入り、不動産取引を行う売却方法の一種です。まず、不動産売却を検討されている売主様は、不動産会社との間で「媒介契約」を結びます。媒介契約には3種類あり、それぞれ特徴や制約が異なります。

媒介契約を結んだ不動産会社は、買主様(購入希望者)を見つけるために広告・宣伝活動を開始します。その手法はさまざまで、新聞や折り込みチラシ、WEBサイトや「REINS(不動産流通ネットワーク)」を活用するのが一般的です。買主様が見つかった後は、価格交渉から売買契約の締結まで、不動産会社がノンストップで対応します。

なお、仲介売却成功時は、不動産会社に「仲介売却手数料」を支払います。いわば成功報酬であり、売買契約の締結・物件の引き渡しに至らなければ発生しません。仲介手数料は取引価格の3%以内~5%以内で支払うのが一般的です。左記のように「上限」が決められており、実際の金額は取引価格に応じて変動します。

仲介売却のメリット!

仲介売却のメリット!

仲介売却のメリットは、物件の販売価格を売主様ご自身が設定できることです。不動産会社の営業担当者も「適正価格」は提案しますが、ご自身が納得できる価格で売却できるのは、大きなメリットです。一方、価格設定と地域相場に乖離がある場合は、1年以上売れ残る可能性があります。

しかし、近年はITの普及や自治体による補助金制度の整備・拡充、リフォーム・リノベーション技術の向上により、比較的短期間で売れるようになりました。不動産の条件や市場動向に左右などにされますが、3カ月~半年で売却完了に至るケースが増えています。

仲介売却の注意点とは? 

仲介売却の注意点とは? 

仲介売却の注意点は、「売却までの期間が読めない」ことです。依頼を受けた不動産会社は、さまざまなルート・手法を使って購入希望者を探しますが、購入希望者が必ず見つかる保証はありません。そもそも買主様ありきの売却方法なので、「すぐに不動産を売りたい」「転勤までの処分したい」という売主様には不向きです。この場合、短期間で必ず現金化できる、不動産買取を利用するのが無難でしょう。

媒介契約の必要性と種類について

そもそも、媒介契約はなぜ必要?

そもそも、媒介契約はなぜ必要?

仲介売却では宅地建物取引業法にもとづき、売主様と不動産会社の間で媒介契約を結ぶのが義務付けられています。

媒介契約とはいわば、「仲介業務」に関する取り決めをまとめた契約のこと。不動産会社がどのような手法・期間・条件で買主様を探し、どのような方針で価格交渉を行い、売却成功時の報酬額(仲介手数料)はどれだけ支払うのかを「媒介契約書」にまとめ、双方の合意にもとに締結します。媒介契約の締結は義務であると同時に、仲介業務に関するトラブルを防ぐ目的があるのです。

媒介契約の種類

媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。

特徴 注意点
一般媒介契約 複数の不動産会社と媒介契約を締結可能できる。一度に多数のルートで売却活動ができ、成約につながりやすい 不動作会社によっては、広告・宣伝活動に力を入れてくれないことがある
専任媒介契約 不動産会社1社のみと結ぶ媒介契約。その分だけ売却活動に力を入れてくれるため、短期間で売却できる可能性がある ほかの不動産会社と媒介契約を結べない
専属専任媒介契約 不動産会社1社のみと結ぶ媒介契約。制約が多い分だけ売却活動に積極的で、短期間かつ高値で売れる可能性がある 売主様が個人的に買主様(購入希望者)を見つけることが、契約上禁止されている。専任媒介系に比べて制約が多く、身動きを取りづらい

PICK UP!
知っておくべきREINS(レインズ)の仕組みと機能とは?

UP!知っておくべきREINS(レインズ)の仕組みと機能とは?

当社を含める不動産会社は、REISN(レインズ)と呼ばれる不動産物件情報ネットワークを活用し、売却活動を行います。REINSは国土交通大臣から指定を受けた「不動産流通機構」が運営するネットワークシステムで、会員登録している不動作会社のみが利用できます。

当社を含める不動産会社は、REISN(レインズ)と呼ばれる不動産物件情報ネットワークを活用し、売却活動を行います。REINSは国土交通大臣から指定を受けた「不動産流通機構」が運営するネットワークシステムで、会員登録している不動作会社のみが利用できます。