ローンの返済に悩んでいる ー任意売却ー

  • TOP
  • ローンの返済に悩んでいる ー任意売却ー

住宅ローン返済のお悩みは「任意売却」で解決

住宅ローンの返済が苦しいときや、滞納しているとき、任意売却で家を売却する選択肢があります。任意売却は、債権者である金融機関の合意を得て物件を売却する方法です。自宅が競売にかけられるのを避けるために、お早めにご相談ください。ここでは、神奈川県小田原市(鴨宮)の「ハウスドゥ!
鴨宮店」が、不動産の任意売却について解説いたします。 鴨宮店」が不動産買取の基礎知識をご紹介します。

住宅ローンの返済でこんなお悩みありませんか?

住宅ローンの返済でこんなお悩みありませんか?

住宅ローンの返済について、こんなお悩みを抱えていないでしょうか。

  • 毎月の住宅ローン返済が苦しい
  • 住宅ローンや税金の支払いを滞納している
  • 銀行からの督促状が届いた
  • 競売だけは何としても避けたい
  • 自宅を失った後の生活に不安がある

このようなお困りごとがあるとき、任意売却という選択肢が残されています。競売が開始される前に手続きを行えば、自宅を強制的に売られずに済む可能性があるのです。住宅ローンの返済でお悩みの方は、不動産会社へご相談の上で任意売却をご検討ください。

住宅ローン滞納時にできる任意売却とは?

住宅ローン滞納時にできる任意売却とは?

任意売却とは、債権者である金融機関の合意のもとで、物件を売却する方法のことです。住宅ローンを利用すると、債権者は不動産に「抵当権」を設定します。抵当権とは、住宅ローンを返済できない場合に不動産を担保にする権利のことです。住宅ローンを滞納すると、債権者は抵当権に従って不動産を差し押さえ、お金を回収する目的で物件を競売にかけます。このとき、債権者と交渉を行い任意売却が認められれば、競売を避けて不動産を売却することが可能です。

2020年以降、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行にともない、国内の経済が大きな影響を受けています。感染対策のために営業活動の制限を受けている業界や業種が少なくありません。また、非正規雇用をはじめとして、勤務時間が削減され収入が大幅に減少している方も多くいらっしゃるでしょう。場合によっては、公的な制度を利用して経済的な支援を受けられる可能性もございます。住宅ローンのお悩みはひとりで抱え込まずに、お早めに当社までご相談ください。不動産のプロとして、お客様のニーズに合わせたご提案をさせていただきます。

知っておきたい任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリット

任意売却のメリット

任意売却では、市場相場に近い価格で物件を売却でき、住宅ローンの残債をより多く返済できる可能性があります。競売のように、市場相場より数割安い価格で売られる心配がありません。また、任意売却は債権者との交渉次第で、売却額から生活費や引越費用を確保できます。返済方法についても交渉の余地があります。無理なく返済を続けながら、暮らし続けやすいのがメリットです。また、親族などの第三者に不動産を買い取ってもらえば、自宅に住み続ける選択もできます。売却活動は、近隣の方に知られずに、プライバシーに配慮しながら行うことが可能です。専門家である不動産会社に相談すれば、精神面での負担も抑えられるでしょう。

任意売却のデメリット

任意売却のデメリット

多くのメリットが期待できる任意売却ですが、なかにはデメリットもあります。まず注意したいのは、債権者である金融機関の合意を得られない可能性があることです。とくに、本人に返済の意思がないとみなされると、交渉が決裂するおそれがあります。住宅ローンの返済でお困りの際は、早めに専門家へご相談ください。また、任意売却をすると、不動産を売却するために自ら売却活動や各種手続きを行う必要があります。不動産会社と協力しながら、売却へ向けて取り組みましょう。任意売却は、信頼できる不動産会社へ依頼することが大切です。債権者との交渉を成立させ、可能な限り希望に近い売却を実現するために、業者選びは慎重に行ってください。

競売と任意売却の違いを比較

競売と任意売却の違いを比較してみましょう。自宅を強制的に売却される競売と比べると、任意売却は多くの面で交渉の余地が残され、生活の立て直しが期待できます。少しでも状況を改善させるために、任意売却を検討してはいかがでしょうか。

競売 任意売却
売却価格 市場相場よりも数割安い 市場相場に近い
引越費用や生活費 交渉の余地がなく、手元に残せない 交渉次第で手元に残せる
引っ越しのスケジュール 交渉の余地がなく、強制退去の可能性がある 交渉次第で無理のないスケジュールを立てられる
残債の返済方法 交渉の余地がなく、返済を求められる 交渉次第で、無理のない返済計画を立てられる
プライバシー 競売の事実が一般公開され、裁判所の執行官が自宅を訪問する 近隣の方に内密にしながら売却活動ができる
生活の立て直し 多くの残債があるなか、厳しい返済が続き、住居のない状態となる より多くの残債を減らし、無理なく返済を続けながら、新居での暮らしをはじめられる

任意売却が可能な期間とは?

任意売却の手続きは、競売が開始されると不可能となります。住宅ローンの返済でお悩みの際は、できるだけ早めにご相談いただいたほうが安心です。

返済状況 任意売却の可否
住宅ローン滞納前 住宅ローンの支払いが苦しくなっている段階です。ひとりで悩まず、早めにご相談ください。 可能
滞納3カ月 金融機関から「督促状」や「一括弁済通知」などの書類が郵送されます。放置せずに対処しましょう。 可能
滞納4カ月 裁判所から「競売開始決定通知書」の書類が郵送されます。通知から4~5カ月で競売が開始されます。 可能
滞納5カ月以上 競売開始が間近となります。裁判所の執行官が自宅を訪問するほか、物件の調査が行われます。 可能
競売開始 競売が開始されてしまいます。任意売却は不可能です。余裕をもって任意売却の手続きをしましょう。 不可能

PICK UP!
競売にかけられる前に専門家へご相談を!

UP!競売にかけられる前に専門家へご相談を!

競売が開始されてしまうと、任意売却の手続きが不可能となります。この段階では、自宅が強制的に売却されるのを止めることができません。自宅が競売にかけられると、住宅ローンの残債が多い状態で、売却代金をすべて返済に充てられ、生活の立て直しが厳しい状況に置かれてしまいます。金銭面だけでなく、精神面での負担も非常に大きくなるでしょう。このような状況に陥る前に、ひとりでお悩みを抱え込まずに、不動産の専門家へご相談ください。

神奈川県小田原市(鴨宮)の「ハウスドゥ! 鴨宮店」では、住宅ローンにまつわるお悩み相談も承ります。住宅ローンの支払いが苦しいときは、お早めに当社までご連絡ください。店内には、落ち着いてお話しいただける応接スペースのご用意がございます。お客様のプライバシーに配慮しながら、安心してご相談いただける環境が整えられています。不動産のプロとして、真摯にお客様のお話をヒアリングして、ニーズに的確に応えるご提案やアドバイスが可能です。住宅ローンの返済や、任意売却のことなら、不動産売却を手掛ける当社へお任せください。